がん(癌)が心配な女性のための保険

女性保険の口コミRANKING

男女ともにがん罹患率が増えている現在、手厚いがん保障を求める女性が増えています。

女性保険TOP > がん(癌)

増えるがん罹患率

がん(癌)は、日本人の死亡原因第1位を独走し続ける生活習慣病の一種です。

特に近年は食の欧米化やストレス社会の影響により、昔に比べてがんの罹患率が高く、特に働き盛りと言われる40代前後はがんのリスクが最も高くなっています。

一般的に、がんにかかるリスクは女性より男性の方が多い傾向にありますが、50代後半に限定すると、男性より女性の方ががんの罹患率が高いというデータが報告されています。

そのため、近年は女性に対するがん保障の必要性が高まっており、がん保障に対応した医療保険への加入や、がん特約を付加する女性が増えています。

がんが心配な女性のための保険

がんの罹患率を部位別にチェックすると、男性は胃がん・肺がん・前立腺がんなどが上位を占めているのに対し、女性はトップの乳がんを筆頭に、子宮がんなど女性特有のがんが5位以内にランクインしています。

中でも近年の乳がん罹患率は急激に増加しており、30代~40代の女性を中心に、20代や50代の女性も乳がんを患う確率が高くなっています。

そこでおすすめなのが、女性特有の疾病を保障する女性保険です。

女性保険では、乳がんを含む女性特定疾病に対する保障が充実しており、一般疾病に比べて倍近い保障を受けることができます。

たとえばアフラックの女性保険『レディース新EVER』では、女性特定疾病で入院した場合、通常の疾病入院給付金(日額5000円)に加え、上乗せとしてさらに日額5000円の女性疾病入院給付金が支給されます。

がん診断給付金について

一般的ながん保険の場合、がん治療による入院・手術保障とともに、がんと診断されたときにがん診断一時給付金を受け取ることができます。

一方、女性保険の場合、がんによる入院・手術に対する保障は受けられますが、がん診断給付金は支払われません。

そのぶん女性特定疾病に対する保障が充実していますが、長引きやすいがん治療において、まとまった金額を受けとれないのは少々痛手です。

そんな時は、がん診断給付金特約を付加すれば、通常のがん保険同様、がんと診断された時にまとまった一時金を受け取ることが可能となっています。

ちなみに、アフラックの女性向けがん保険『Daysコサージュ』の場合、女性特有のがんに対して手厚い保障を受けられると同時に、がん診断給付金も受け取ることができるので、女性ならではのがんにしっかり備えたい方におすすめです。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.