親を扶養している女性の保険

女性保険の口コミRANKING

親を扶養している女性の場合、手厚い医療保障に加え、万一の場合の死亡保険も重要となります。

女性保険TOP > 親を扶養

親を扶養する女性の増加

高齢化社会が進むにつれ、子が親と同居し、一家の大黒柱として働いているケースが増えつつあります。

以前は結婚して親と同居という形が主流でしたが、最近は成人した独身女性が結婚せずに働き、両親を扶養するという形もめずらしくありません。

もし住居が持ち家で、両親が年金だけで生活していけるのであれば、子である女性に万一のことがあったり、結婚して家を出ても生活に困ることはありませんが、賃貸暮らしで生活費の他に住居費がかかってくる場合、子の死亡と同時に生活が困難になる可能性があります。

特に自分以外に子供(兄弟)がおらず、他からの援助を期待できない場合、高齢の両親の生活保障としてしっかり保険に加入しておく必要があります。

親を扶養している女性の保険

親を扶養している女性の場合、必要となる保険は医療保険と死亡保険の2種類になります。

医療保険

医療保険については、通常の病気・ケガのほか、女性特有の疾病を手厚く保障してくれる女性保険に加入した方がよいでしょう。

保障内容については、もし子である女性が長期入院した場合、年金生活の両親では医療費の自己負担分をまかなうのは困難ですので、オリックス生命の『キュア・レディ(スタンダードプラン)』など、入院給付金日額1万円の充実保障をかけておくことをおすすめします。

それでも不安な場合は、入院1日あたり○○円の保険ではなく、かかった治療費分を保障してくれる実損払いの女性保険への加入を検討してみるとよいでしょう。

死亡保険

自分に万一のことがあった場合、両親は年金以外の収入の手立てを失ってしまうため、その後の生活を保障できるだけの死亡保険をかけておく必要があります。

ただ、子供のように教育費などはかからないため、保障額は現在の生活を維持するために必要な金額から計算しましょう。

死亡保険には一定期間を保障する定期保険と、一生涯保障する終身保険の2種類があり、定期保険の方が割安な保険料で保障をキープすることができます。

一方、終身保険は保険料こそ割高になるものの、中途解約した場合の返戻金が高く、一定の貯蓄性を見込めます。

もし両親が先に死亡した場合、解約して返戻金を受け取れば自分の生活や老後の蓄えとして活用することができるので、利便性は高いと言えるでしょう。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.