シングルマザーの女性保険

女性保険の口コミRANKING

子供がいるシングルマザーの場合、自分の医療保障に加え、子供のための死亡保険に加入する必要があります。

女性保険TOP > シングルマザー

増えるシングルマザー率

日本国内の離婚率は長期にわたって低い水準を保っていましたが、近年は女性の自立や社会進出にともない、離婚率が急増しています。

特に1990年代以降の離婚率は右肩上がりに上昇しており、2000年の離婚件数は26万件を突破しています。

離婚率の増加にともなってシングルマザーも急増しており、小さな子供を抱えて働く女性は決して少なくありません

シングルマザーの場合、一般的な独身女性とは異なり、自分の生活費とともに子供の教育費などを確保しなければならないため、最近はシングルマザーの女性保険加入率が増えつつあります。

シングルマザーの女性保険

シングルマザーの場合、必要な保障は大きくわけて『自分のための医療保険』と『自分に万が一のことがあった場合の死亡保険』の2種類に分類されます。

医療保険

自分のための医療保険については、女性特定疾病に手厚い女性保険への加入がおすすめです。

入院給付金はできれば日額1万円タイプのものが理想ですが、保険料の支払いが難しい場合や、子供の教育費の貯蓄を優先したい場合は日額5000円タイプのものを選んでもよいでしょう。

おすすめの女性保険としては、オリックス生命の『キュア・レディ』のスタンダードプランなどが挙げられます。

ちなみに、ボーナス付きの女性保険に加入した場合、定期的に生存給付金を受け取れるので、子供の入学費用や貯蓄などにあてることができます。

死亡保険

自分に万が一のことがあった場合、残された子供の生活費および教育費を確保できるよう、死亡保険に加入しておきましょう。

死亡保険には終身保険と定期保険の2種類がありますが、終身保険は保険料が高いため、収入に余裕がない場合は子供が自立するまでの期間に限定した定期保険に加入するとよいでしょう。

定期保険は保険期間と通じて保険金額が変わらない定額タイプのほか、保険料が経過年数に応じて徐々に減少していく逓減タイプも存在するので、子供の教育期間に合わせて設定することをおすすめします。

ちなみに、女性向けの医療保険の中には、特約で死亡保障を付加できる商品もあるので、希望する女性保険がある場合は、合わせて特約もチェックしてみましょう。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.