専業主婦の女性保険

女性保険の口コミRANKING

収入のない専業主婦でも、後のリスクを考えると、単独での生命保険加入がおすすめです。

女性保険TOP > 専業主婦

専業主婦は家族保障特約で十分?

近年は共働き家庭も増えつつありますが、中には夫が働き、妻は専業主婦という家庭ももちろん存在します。

その場合、働き手は夫一人に限定されるため、生命保険は夫のみが加入し、専業主婦である妻には『家族保障特約』を付加するだけという形の保障が一般的となっていました。

家族保障特約は死亡保険だけでなく、医療保険やがん保険などにも付加することができるため、あらゆる保険で家族保障特約を付加すれば、家族の万が一を丸ごと保障することができます。

また、家族保障特約は妻が単独で保険に加入するよりも保険料が安くなるため、月々の保険料を抑えながらいざという時に備えられるところが大きなメリットとなっています。

ただ、家族保障特約だけに頼り切っていると、将来思わぬトラブルを招いてしまう可能性があります。

家族保障特約のデメリット

家族保障特約の最大のデメリットは、主となる被保険者の夫が亡くなった場合、保険契約が終了してしまうところです。

当然、主契約に付加されている特約も失効してしまうため、夫の死亡以後、妻は一切の保障を受けられなくなってしまいます

もちろん、夫の死亡後に妻が新たに保険に加入することもできますが、生命保険の保険料は年齢に比例して高くなる上、保険商品ごとに契約可能年齢が定められているので、条件が厳しくなってしまいます。

保険商品の中には、夫の死亡後も保障を継続できるものもありますが、保険料は夫の生存前と変わらないため、妻ひとりに対する保険料としては割高となります。

日本では女性の方が平均寿命が長く、夫より長生きする可能性が高いため、専業主婦といえども単独で保険に加入しておいた方が後のリスクを軽減できると言えるでしょう。

専業主婦の女性保険

専業主婦の方が保険に加入する際、まず重視したいのは医療保障です。

女性疾病に対する保障はもちろん、今後子供を作る可能性がある場合、妊娠・出産のリスクに備える必要があるので、医療保障が充実した女性保険への加入がおすすめです。

また、自分に万一のことがあった場合に備えて、死亡保険への加入も検討したいところです。

専業主婦の場合、自分に収入がないので死亡保障は必要ないと思われがちですが、小さな子供がいる場合、残された夫は子供の面倒をみてくれる保育園やベビーシッターを利用したり、家事代行サービスなどを頼まなければならない可能性があります。

専業主婦が日々行っている家事・育児などを年収に換算すると、700~1000万円程度になるというデータも報告されていますので、できれば死亡保障も充実させておくことをおすすめします。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.