出産時の女性保険

女性保険の口コミRANKING

女性保険に加入していると、帝王切開や吸引分娩などの異常分娩に対する保障を受けることができます。

女性保険TOP > 出産時

出産トラブルを保障する女性保険

妊娠中は切迫流産や切迫早産、妊娠中毒症などさまざまなリスクがありますが、妊娠期間中が安定していた場合でも、出産時思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

具体的な例としては、逆子などによる帝王切開や、難産による吸引分娩・鉗子分娩などが挙げられます。

正常分娩の場合は保障対象外となりますが、上記の場合は手術保障の対象となり、一定の手術給付金を受け取ることができます。

特に帝王切開の場合、実際に手術を受ける前日に入院し、手術後10日~2週間程度で退院となりますが、この間の入院についても入院給付金を受けとれます。

出産すると、加入している公的医療保険(国保や健保)からまとまった出産育児一時金を受け取ることができますが、帝王切開になった場合、出産育児一時金だけではまかないきれない可能性があるので、自己負担分をカバーする女性保険への加入をおすすめします。

ただ、ここで注意しておきたいのが女性保険の加入時期です。

妊娠・出産にともなうトラブルの有無は、実際に妊娠・出産してみないと予測することはできませんが、実際に妊娠してからでは加入を断られる可能性があります。

加入条件は保険会社によって異なりますが、多くの場合『妊娠28週未満』を加入条件に掲げている場合が多く、出産直前の加入は不可となっています。

特に一度でも帝王切開の経験がある方の場合、2度目以降も帝王切開になる可能性が高いことから、妊娠・出産の保障対象外となってしまうこともあります。

そのため、将来妊娠・出産する可能性のある方は、1人目を妊娠する前から女性保険に加入し、いざという時に保障を受けられるようしっかり準備しておくとよいでしょう。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.