共働きの女性保険

女性保険の口コミRANKING

共働き家庭の場合、働き手の一人である妻の万一に備え、保障の充実した女性保険に加入するのがおすすめです。

女性保険TOP > 共働き

共働き女性に必要な保障

最近は女性の社会進出にともない、夫と妻の両方が働く共働き家庭が増えています。

ただ、社会に出て男性並に働いている女性にとって、ストレスや疲れの占める割合は非常に大きく、ホルモンバランスの崩れから病気やケガになる女性も増加しています。

特に正社員としてバリバリ働いている女性が疾病などで長期入院となった場合、夫の家事・育児負担が増えてしまうのはもちろん、家庭の収入が減少し、日々の生活が困難になる可能性があります。

そのため、共働き女性の場合、収入や家事負担の割合に合わせた女性保険に加入しておくことが大切です。

共働き女性の女性保険

共働き女性が保険に加入する場合、収入や家事割合の他に、勤め先の福利厚生制度を考慮にいれる必要があります。

企業の福利厚生制度は会社ごとに異なりますが、中には死亡保障や入院保障を充実させているところもあるので、個人として保険に加入する場合は、福利厚生制度との保障の重複に注意しましょう。

もし福利厚生制度が充実している場合は、保障内容を抑えたリーズナブルなもの(メットライフアリコのやさしくそなえる医療保険『女性専用』スタンダードコースなど)を。

逆に医療保障などが見込めない場合は、入院給付金日額1万円タイプの保障プラン(オリックス生命の『キュア・レディ』スタンダードコースなど)を選ぶとよいでしょう。

特約をつける場合の注意点

共働きで妻の占める収入割合が大きい場合、夫だけの収入では生活費や子供の教育費を確保できなくなるおそれがあります。

そのため、共働き女性の場合、基本保障の他に必要な特約を付加し、保障を肉付けしておくことをおすすめします。

たとえば医療保障に終身特約を付加したり、長期入院になった場合に備えて収入保障特約などを付加しておくとよいでしょう。

ただ、正社員の場合、病気やケガによって就業不能となった場合、健康保険から傷病手当金が支給されます。

そのため、収入保障特約などを付ける場合は、傷病手当の金額を考慮し、過剰保障にならないよう注意しましょう。

オリックス生命

オリックス生命の保険を≪今すぐ試算≫ オリックス生命の公式サイトはこちら
www.orixlife.jp/

アフラック《公式サイト》

ネットで簡単に資料請求が可能。 お見積りも資料請求も公式サイトで!
www.aflac.co.jp/

チューリッヒ

まずは電話で無料お見積り!チューリッヒ保険の公式サイト。
www.zurich.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 女性保険の口コミランキング※正しい選び方はコチラ! All Rights Reserved.